気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな予備知識はあったものの、(しかもポーランドで地下道を通った為にトラムの中で財布をスラれたという

不名誉な実績もあるのに

地上を大回りするのが面倒だなあ、と

思ってしまう私という人間の弱さよ。


自分の前に何人か(犯罪者っぽくない)スペイン人が地下道に入って行くのを確認し、その人たちに続いて入ってみることにした。

25mあるという地下道の通路には、ホームレスっぽい人が2人ほど転がっていて、壁が落書きだらけ、という以外には

特に不審な雰囲気もうさんくささもない

この短い距離の間にナイフで切りつけたりウェストポーチ盗ったりするなんて・・・プロだなあ。と不謹慎にも感心しながら、それでも足早に地下道を通り抜けたのだった。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ソアーレス・ドス・レイス国立美術館を出て、旅のお供にと食べなれたポルトガルのお菓子、ディシュコ(表面にキャラメルコーティングをしているパイ)、ケイジャーダ(チーズタルト)、パオン・デ・ロー(中味がとろりとした焼き菓子)などなどをたくさん買い込み、久しぶりの国際列車に乗り込んだ。

15:08にアズレージョ(絵つきタイル)の装飾が見事なサンベント駅を出発する列車は、

「これが国際列車?!」と疑いたくなる。くすんだ色合いの外観といい、使い込んだ座席の風情といいTHE ローカル線の列車。

発車寸前にポルトガルでは初めての「日本人女性おひとりさま」の観光客に出会った。彼女も同じ車両に乗り込んだので、タイミングを見計らって話しかけようかな?と思ったものの、彼女は次から次へとガイドブックを読んでいて、全くスキがない。

私がお菓子を食べながらチラ見をして確認しただけでも、「地球の歩き方 ポルトガル」「個人旅行 ポルトガル」「個人旅行 スペイン」「ミシュランガイド」(←これはどこの国のものか判別不能)を読み耽っている。

服装や持ち物も私のような「短パンTシャツ・キャスターつきリュック」という、分かりやすい節約旅行者風ではなく、

なんだかこぎれいなフレアースカートなどをお召しだったのでちょっと壁を感じて声を掛けそびれてしまった。
久しぶりに電話じゃなく、直接日本語で話せるチャンスだったのに。

勇気のない私め


おひとりさまに話しかけるのは諦め、過ぎ去っていく車窓からの眺めに集中することにした。
進行方向に向かって左手には飽きることなく眺めた大西洋が広がる。右手は山の緑が濃くて、なだらかな丘に小さな家がポツポツと建っているのが絵本の挿し絵のよう。

これで見納め・・・と思うせいか、今日のポルトガルはいつにも増してキレイに見える。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日。
ポルトガルがくれたたくさんの思い出を胸に、この国を後にする日がとてもいいお天気だったので嬉しくなった。
ポルトガル北部のポルトからスペインまでは列車で3時間くらい。国際列車が1日に2便出ているので、15:08サンベント駅発の列車に乗ることにした。

出発まで何をしていようかな?ドウロ川クルーズは11時間もかかるので却下、市内観光は既に済ませてしまったし、ドウロ川の対岸に渡ってワインセラーに行く気分でもない・・・と、観光案内所の女の子たちに相談すると、美術館を勧めてくれた。

ポルトガル最終日にして初めての美術館。しっとりとした空気、静かな空間を歩いていると気持ちも静まってくる。
美術館に名前を冠したソアーレス・ドス・レイスは、19世紀のポルトガルを代表する彫刻家で彼の作品はもちろん、陶器や、歴史の教科書(資料集の方かな)によく掲載されている『南蛮屏風』屏風

も展示されている。

何百年も前にはるばる日本からやってきた紙の屏風が、色も褪せず、破れもせずにしっかりと保管されていてそれを見物している日本人観光客がいる・・・。
鎖国時代の日本からこの屏風がポルトガルにたどりつくまで、色々な人の手を渡ってきたんだろうな。

異国で『和』『日本』を感じる展示物に出会うと感じる気持ち、文字にするとすごく大げさで恥ずかしいけれど

「時空を超える」という感覚を持ちながら美術館の見学は終了した。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

五感の階段をクリアすると、「三徳の階段」の始まり。
この階段にももちろん区切り(踊り場)ごとに泉があり、信仰の泉・希望の泉・博愛の泉と名づけられている。(五感の階段に比べると泉の彫刻はいたってノーマルであまり印象に残らない
私は普通に立った姿勢で歩いて登ってきたけれど、ふと周りをみると、

何人もの人が膝で階段を登ってきている。その人たちと、五体投地をしながら少しずつ少しずつ聖地に向かって進む、仏教徒の巡礼者の姿と重なった。


私が泉の彫刻を見てクスクス笑ったり、礼拝堂に寄り道をしながら気楽に登ってきた階段が、熱心なキリスト者にとっては「聖地に続く聖なる道のり」なのだなあ。。。何も知らない異教徒がドカドカとやってきてごめんなさい。

ボン・ジェズス教会への250段の階段にある最後の踊り場、モーゼス広場は素晴らしいお庭で、ここから見下ろす景色は緑がいっぱいでシントラに戻ってきたような気分になった。
ポルトからかなり内陸に向かってやってきたと思っていたので、丘の頂上から大西洋が見えた時には予想外の風景に感動。
ナザレから毎日眺めた海と、緑の山脈を挟んで遠くに見える海。

この海に沿うようにして、ポルトガルを北上してきたんだなあ。


ここに来るまでに登ってきた白壁の階段や、コインブラで黒いマントを身に着けた学生さんたち、私と同じ高さでリスボンの街を見下ろしていた月、ドアマン風のセニョール(おじさん)が不意に歌い始めて大いに盛り上がったファドレストラン、緑の海に浮かぶ黄色い島みたいだったペーナ宮殿、風に吹かれて寒くても立ち去りがたかったロカ岬、そしてまるで自宅にいるみたいにくつろげたナザレのマリアとアベルのおうち・・・

ポルトガルからもらったたくさんの思い出が一気に心から溢れてきた。
楽しい素敵な思い出をありがとう、ポルトガル

穏やかで優しい人や町に出会えたことが本当に本当に嬉しかった



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ブラガの観光案内所の職員さんに言われた通りに、リベルダーテ大通りのバス停から発車したバスに揺られて15分くらい。

海抜400mの丘の上に教会が建つ、ボン・ジェズスに到着した。
バスを降りると目指すボン・ジェズス教会→ボン・ジェズス
を見上げるかたちになる。バス停から丘の頂上まで運んでくれるケーブルカーもあるらしいけれど、この教会の見どころは「丘のふもとから教会にたどりつくまでの合計250段の階段」とのこと。

そんな見事な階段を登らずにケーブルカーに乗ってしまうのはもったいない!!なので、自分の足で登っていくことにした。ひとつめの大きな区切りを「五感の階段」とよび、階段の区切り(狭い踊り場)ごとに小さな泉が湧いている。

視覚の泉(人の顔の彫刻の目から涙のように水が流れている)・聴覚の泉(同じく人の顔の彫刻の、両耳から水が流れている)・臭覚の泉(同じく人の顔の彫刻の

鼻の穴から水が!!彫刻の人の顔はかなり深刻なもの。だけれども、申し訳ないが笑いを禁じえない)・味覚の泉(これまた人の顔の彫刻の口から水がドバドバと

・・・さきほどの大量の鼻水様の泉に続き、この彫刻もおもしろすぎる)・触覚の泉(同じく人の顔の・・・ではなく、人の形をした彫刻が水瓶のようなものを持っていて、その瓶から水が流れている。この彫刻からはサリバン先生が井戸水をくみ上げ、その水を受ける為のコップを手にした

ヘレン・ケラー『ウォーター!!!』と叫ぶシーンを想像してしまった
)の他に、階段の途中にはいくつかの小さな礼拝堂もあり、適度に休憩できるので段数の多さはあまり感じない。

その点同じ階段でも休憩してしまうと「もう無理!登りたくない」と思ってしまう讃岐金比羅山とはえらい違いだなあ。。。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日。
ポルトから電車で1時間強の移動でブラガという町に行く。

ここはリスボンは楽しみ、コインブラは学び、

ポルトは働き、ブラガは祈り」
と称されるくらいの宗教の町。過去には大司教座が置かれたポルトガル第一の宗教都市であり、たくさんの教会がある町。

ブラガカテドラルポルトガル最古のもの。ポルトガルには大変古いものをたとえてブラガカテドラルのように古い」という言い回しもあるのだとか。
石造りの建物ばかり見ていると、どれが古くてどれが新しいのやら??と思うことも多いけれど、このカテドラルに安置されている歴代の王や女王、そして司教たちの棺の数の多さは尋常じゃない。

たしかに「宗教の町」のシンボルにふさわしい歴史を持っていそうだなあ。こんなにたくさんの棺があるんだもの、と納得。

ブラガ

カテドラルの周りにもたくさんの教会や礼拝堂がある。16世紀には、当時のローマ教皇をもしのぐ存在であった大司教ディオゴ・デ・ソウザによって、ルネサンス様式の優美な装飾が加えられ、その後バロック様式全盛の時代を迎えると、壮麗な建築群に姿を変えたという。
この町の観光案内所の職員さんも、他の町の職員さんと同じくとっても気が効くし面倒見がよい。

明らかに異国人、明らかに異教徒の私にも「ここからバスで20分くらいの場所に、ぜひ行ってみてください!!」と熱心に勧めてくれる。

オラリオ(時刻表)で確認するまでもなく、30分おきにバスは出ているらしいので、職員さんオススメのその場所に早速行ってみることにした。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

そして、ついに処刑の時刻がやってきた。無実の罪をきせられた男が絞首刑に処されようとしたまさにその時、こんがり焼けていたはずの雄鶏が裁判官のテーブルの上で立ち上がり

声高らかに鳴き叫んだ


自分の過ちにを知った裁判官はあわてて絞首台に駆けつけたところ、絞首刑用のロープの結び目が固すぎたため、男は一命を取り留めていた。そしてすぐに男は釈放された。

めでたしめでたし。以上、バルセロスの雄鶏伝説でした。

レプブリカ広場の露天で活気のある喧騒を感じ、歩き疲れたので休憩がてら無料(!)の考古学博物館に行ってみた。

すると、いかにも古そうな十字架が展示されている。博物館のパンフレットによると、「バルセロスの雄鶏の伝説」には後日譚があり、雄鶏が無実を証明してくれたおかげで釈放された男はそして数年後、再びバルセロスの町を訪れた。
そして聖母マリアと聖ヤコブ(サンティアゴ)に捧げる「十字架」を建てた。それが、今私が目にしている古びた十字架で、

なんと14世紀のものなのだそう。
さらりと「14世紀のもの」というけれど、日本の歴史と重ねてみてビックリ。鎌倉・南北朝時代と同じ時期。そんな時に既にポルトガルには「裁判官制度」が機能していたんだなあ。。。

カヴァド川の近くの考古学博物館を出て、すぐお隣のマトリス教会へ。ここには観光客どころか地元の人すら一人もいなくてとっても静かな教会で穏やかな気持ちでお参りができた。

ふらりとやって来たけれど、バルセロスもいい町だったなあ。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日。
どうもポルトに来てから、なんとなく

体内の時間軸がズレているような感じがする。朝目覚める時間はいつもと変わりないのに、いつまでたっても眠い。
出歩くのは面倒だなあと思いつつ、ポルトから日帰りできる町で大きな露天市がたつ日なので、あくびをかみ殺しながら日帰り遠足に行く事にした。

ポルトから1時間強、転寝をしている間に着いたのはバルセロスという小さな町。
駅から1km弱くらい、まっすぐな道をテクテクと歩いていくとレプブリカ広場に出る。この広場で毎週木曜日に開催される露天市が今日の目的。

日用雑貨や服、色とりどりの果物にお花、野菜、そして家具まで、あらゆるものを売っている。たくさんのお店にまじって、この町(というよりもポルトガルの)マスコットともいえる「雄鶏」の置物おんどり

を売るお店がとっても多いことに気付く。
なぜならば・・・この町が「Lenda do Galo de Barcelos(バルセロスの雄鶏の伝説)」で、一躍有名になっているせい。

伝説の内容は。。。
昔、スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへ巡礼の旅へ向かう男がバルセロスの町で窃盗の罪に問われ、処刑されることになってしまった。
男は無実を訴えたが誰にも信じてもらえず、処刑の前に裁判官に会わせてほしいと頼んだ。そして男が裁判官の家に着いた時、裁判官は友人たちと晩餐会の真っ最中。男はテーブルの上の鶏の丸焼きを指差し、
「私は無実です。その証拠に、処刑が執行されるその瞬間、私の無実の証しとして、その雄鶏が鳴きだすでしょう」と言ったが、裁判官は男の発言を信じず一笑に付し、改めて男を絞首台へ送る事を決めたのだった。。。

男、あやうし!!

  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

翌日。
若いお嬢さんが勢ぞろいしているポルトの観光案内所でオススメされた見どころめぐりをする。
まずはクレリゴス教会の塔に登り、高さ76mからポルトの街を一望する。赤い屋根が続くポルトの街は(こういう風景をみると毎回そう思っているけれど)プラハに似ているような気がする。

ドウロ川を挟んで、昨日ポルトワインの試飲に行ったOSBORNEワイナリーのあるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアまでを見晴るかし、自分が泊まっているお宿の建物を確認。緑の海のようだったシントラや、大西洋を臨むナザレとは全く違う都会の景色を目に焼き付けた後でサン・フランシスコ教会に行ってみた。

地味な外観のサン・フランシスコ教会に1歩入った途端に自分の目を疑った。壁といわず天井といわず

とにかく建物内部の全てが金ぴか!!
大航海時代、新大陸(この言葉には相変わらず納得できないけれど)の金と貴石の発見によってもたらされた莫大な富がターリャ・ドゥラーダ(金泥細工)といわれるこの金ぴかのバロック様式の装飾を可能にしたらしい。壁や天井はスゴイのに、なぜか床が木の部分があり、建物が古いせいか、

その床の部分を歩くと「きいい」と変な音がする。ポルトガルにも『うぐいすばり』があったのかな?柱や壁にところせましと施された彫刻と金箔に目がくらみそうになりながらサン・フランシスコ教会を出、カテドラルを見学たところでお昼休憩。

ポルトに着いた日に食べ損ねたムース・デ・ショコラーテ(チョコムース)を頂いて満足し、ポルトガルがこの富を得るキッカケになった大航海を命じたエンリケ航海王子の像エンリケ航海王子
をみる。

この人の命令ひとつでどれだけ大勢の人が大西洋に命を落としたことか
ロカ岬から眺めたはてしない大西洋の風景を思い出しながら、不慮の死を遂げたたくさんの船乗りや冒険家たちに思いをはせた。


  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

公園のベンチに腰掛けて呆けていると、お向かいのベンチには人懐っこく微笑みかけてくるおじいちゃんがひなたぼっこをしている。お天気もよくていい風情だし、あのおじいちゃんの優しそうな顔ったら!絵になるおじいちゃんだなあ・・・とこちらもニコニコしながらおじいちゃんに手を振り、「今自分がほろ酔い加減でシアワセで、

いかにいい風情の中に溶け込んでいるか
というヨロコビを友人への絵ハガキに認めようと思っていると・・・

くわえタバコの中学生くらいの男の子たち5~6人がやって来て、取り囲まれてしまった。ヨーロピアンは老若男女を問わず、ほんとに喫煙者が多い・・・などと考えていると、リーダー格らしき男の子が

「チナ?」と言いかけたので機先を制して「日本から来たの!」と言うと、男の子たちは意外と素直に
「日本人か~」
「コレ(絵ハガキに書いた文字を指差して)日本語か?」
「読めないな~。なんて書いてあるの?」

「絵みたいだなあ」などと口々に話しかけてきた。くわえタバコのままだけれど、反応が可愛いらしいので全然「悪そう」とか「怖そう」と思うこともなく、こちらも大人の余裕で
「うん日本語。日本語には『漢字』と『ひらがな』と『カタカナ』の3種類もあるの」と返すと

3種類も!!」
「日本語は難しいな~」
と、とってもビビッドなリアクションを返してくれた。

故なくゲラゲラ笑われたあげく「チーナ!中国に帰れ!」なんて罵られつつ、

更にパンツを下ろしたお尻を見せられる、というような切ない目に遭うスペインと比べるとこのポルトの少年たちのなんという素朴さ、可愛らしさ!
リスボンに次ぐ第2の都市なのにこんなに素直な子供たち(終始くわえタバコではあったけれど)が育っているとは。
ポルトガルってほんとに穏やかないい国だ。。。



  ↑今日もお付き合い頂いてありがとうございます!
ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。