気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 芸術三昧で幸せな気持ちで、18:00にKとオデオンで待ち合わせ。オデオン便り(在パリ日本人向けのフリーペーパー)に載ってる評判のいい中華料理店に連れて行ってもらい、久しぶりの中華料理を堪能した。中華料理って、ほんとどの国で食べてもハズレがない。しかも価格もお手頃。世界各地に自国の食材やら料理道具やらをヒトと共に送り出す中華人民共和国。さすが4000年の歴史、侮れないなあ。

 今日は2人でお互いの来し方行く末のことなど結構真剣に話し合う。ヨーロッパに腰を据えて生活していく為には、VISAとか色々煩雑な手続きが待ってると思うけどKやったら大丈夫!!きっと立派なステンドグラス職人になれるよ! 21:30発の電車に乗り込むまで見送ってくれたKに、お礼としてはほんとに些細なものだけど、母が送ってくれた味付けのりやふりかけ、今までの旅した国で買ってきたコマゴマしたお土産を受け取ってもらった。アトリエの仕事も忙しいのに、毎日毎日相手してくれてありがとう。

ほんまにほんまに楽しかったわ!!

 卒業旅行で来た時に入ったレストランで、注文した料理にハエが入っていたので

「これ虫入ってる」

って店員に言ったら、目の前で入ってたハエをポイってつまんで捨てただけで何事もなかった顔をされて以来、「パリってイヤなとこ!」と何年間も思い込んで生きてきたけど、間違ってたなあ。。。
 街の雰囲気もいいし、好きな絵もいっぱいあるし、01.jpg

それに歩いてる人たちがみんなオシャレ!!岸恵子みたいに何気にストール巻いたりベレー帽かぶったりしてるおばちゃんや、襟首からノドボトケまで胸毛かヒゲかわからんぐらいギャランドゥがぼーぼーのおっちゃんやじーちゃんの味のあること!!次に来る時は私ももっともっとオシャレな服装でポンヌフを闊歩できますように。。。

 さようなら遺体入れの袋と水道管破裂と(滞在中お宿の近くで毎日毎日違う水道栓から水がじゃーじゃー湧いていたのだ)カバネルのいた芸術の都パリ。オヴァ~!

 スペインへの移動は、この旅で初めてのクシェット(簡易寝台列車)を利用してみた。1等と2等があるけどもちろん2等。ひとつのコンパートメントの左右に3段ベッドが置かれているので、定員6人。私は3段ベッドの一番上だったけど、予想以上に狭苦しい寝台で天井に頭がゴツゴツぶつかって寝られたものじゃなかった。しっかり寝られると思ったから普通の座席じゃなくてクシェットにしたのに~!

 でもパスポートは車掌さんが来て集めてってくれたから、「寝てる間にパスポート盗まれるかも」って心配はしなくていいし気楽といえば気楽だな。あとは乗り換えさえうまくいけば、明日の昼にはバルセロナ着。

 フランスとスペインと国境駅、Latour de Carolに到着するのは7:45の予定。で、そこで8:13にバルセロナ行きの電車に乗り換えしないとダメらしいけど、今乗ってる列車、走ってみたり停まってみたり・・・「快調にとばしてます!」って感じが全くしない。4:00過ぎくらいにこりゃもう8:13迄にはLatour de Carolには着きそうにないな、って気がしてきた。ピレネー越えは予想外に手間がかかるかも・・・


  ↑   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 続いては私が世界一好きな絵と言っても過言ではない「ヴィーナスの誕生」を展示しているオルセー美術館へ!卒業旅行でパリに来た時に見て以来、どれほど再会したかったことか・・・

 「ヴィーナスの誕生」と言っても、広く知られてるのはイタリアのウフィッツイ美術館にある、ボッティチェリが描いた「貝の上に髪の長い全裸のヴィーナスが立ってる」って絵だと思うけど、私の愛する「ヴィーナスの誕生」の作者は新古典主義でアカデミー画家のカバネル
 新古典主義とは古代ギリシアとローマ文化の、「高貴なる単純と静穏なる偉大」を復興させよう!という運動で、アカデミー画家っていうのはお師匠さんにつかずに、美術学校で絵画を学んだ人たちの事。ちなみに、カバネルは私の好きな印象派については徹底的に否定していたらしい。。。私はどっちも好きなのに!!

カバネルとモネの不仲はさておき、久しぶりに会ったヴィーナスは・・・
venus.jpg


相変わらず美しい~~~!!!
ほのかにピンクがかった透明感のある白い肌に、
悩ましい目つき!!
しかもこのポーズ!!!

あーーーーもうたまらん!!!

 私が大金持ちなら今すぐにでも買い取って自分のものにして毎日眺めてたいよー。こんなに生々しいのにイヤらしくない裸婦像、どうやったら描けるんやろう。。。ヴィーナス美しすぎる!カバネル凄すぎる~~!!!(!が多いなあ・・・)

 出品したサロン展では満場一致で1位を獲得したほどの傑作「ヴィーナスの誕生」、時価おいくらかは知らないけど、革命後にフランスを治めた「余の辞書に不可能の文字はない」で有名な皇帝ナポレオンが買ったらしいので、当然『億』は下らないかと。。。「億」か。遠いな~・・・

 なんて雑念を追いやって、しばしヴィーナスの前で佇む。ああ至福のひととき・・・「もうそろそろ次の絵見に行こうかな」と思ったのは30分後。。。その間、もうほんとに舐めるように隅々まで見倒してた。次に見に来られるのはいつかしら。それまで変わらずに美しいままでいてね、私のヴィーナス。。。

 カバネルは嫌ってたみたいだけど私はやっぱり印象派も好きなので最上階に移動してここでもモネを見てウットリ。そして更にラッキーなことに、トルン(ポーランド)の古本屋で画集を見てから気になってたマネの「NANA」が特別展としてヨソの美術館からオルセーに出張(?)してくれてた!
Nana.jpg



好きな絵がこんなにたくさん一度に見られるなんてっ!パリに来てほんっとによかった。



  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

パリ最後の日。
チェックアウトの時にシャワー代を請求され、「聞いてないよ~」とゴネたら半額にしてくれた。ありがとうパリの人・・・。チェックイン時に払ったデポジットもちゃんと返してくれて(これは当然か)タヌ夫も置いてっていいって言ってくれたので(でもほんとに宿のみんなが通る階段にポンと置いてるだけ・・・)身軽にオランジュリー美術館に来た。もちろんお目当てはモネの睡蓮!!

スッピンゆえかうじゃうじゃいる日本人観光客にも外人扱いされてしまい、肩が触れたりするたびに「そーりー」とか言われちゃう。ちょっと悲しかった。10:15にサイレンが鳴り響くと、入場者は全員屋外に出なきゃダメらしく、みんなでゾロゾロと一旦退却。しばらくしたらまたみんなで一斉に再入場。一体何の為のシステム??

 この美術館の2階には私の好きな印象派画家、ルノアールの有名どころがたくさん展示されてる。
なんて柔らかいタッチの絵・・・この展示室、採光もすごくよくって、絵にも太陽の光にも心が癒されるわ~・・・
幸せな気分で、1階にあるモネの展示室へ移動。一つ目の展示室は、あれ?マルモッタンではモネはもっとすごかったのに??と肩透かしを食わされたような感じ。この美術館の目玉って睡蓮じゃないの?と思いながら奥に続く通路を通って行くと、あった~!!

楕円形の部屋の壁一面に『睡蓮』が!!

入り口を除く部屋の壁全てが睡蓮の浮かぶ池の絵で囲まれてる。
msuiren4s.jpg


特に気に入ったのは部屋入り口から見て一番奥にあたる部分に描かれてる睡蓮たち。
ピンク?グリーン?ブルー?ホワイト?どの色でもあってどの色でもない。どの色を何回重ねればこんな色が出るのかなあ・・・形容しがたいくらい気持ちのいい色調で、その場に立ち止まってしばらく見入っていた。それでも名残惜しくて他の画家の展示室を見学し終わった後に二度見しに行ってしまった。ほんっとに素晴らしかった~!


  ↑長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 一旦セーヌ川にかかるポンデザール(その名も芸術橋!)に戻り、橋の上からKと2人で見上げた夕焼け空(最近とっても日が長い・・)は、ピンクとブルーの交わった部分がとてもいい感じで美しく、沈もうとする夕日もとてもキレイで「これぞ印象派の画家たちが愛した街だなあ・・・」
002.jpg

って感動することしばし。

 しばらく歩いて、良さそうでお手頃なサンドイッチやさんを見つけたので、今宵もまた色々話題は尽きなかったけど、

今日の主なお題はラテン語系の言語について。

なんてインテリゲンチャなKと私。
 私がベルギーやフランスに着いた当初は

「フランス語って

『ぼぼぼぼ~ん』って言ってるようにしか聞こえない!」


と耳慣れない摩擦音の多さと複雑怪奇な発音に圧倒され、単語もローマ字読みできないので、地名やメトロの駅名もイマイチいやほぼ完璧に分からなかった。
 
 一方母音がくっきりはっきりしていて、日本語と発音が似ていたので、耳になじんでとっても聞き取りやすく、かつ発音もしやすかったのはイタリア語(ローマ字読みでよいので地下鉄やバスの駅名も楽勝で読めた)。

 でも元々は同じ流れのラテン語系言語なので、色々な点で類似点がある。例えば数の数え方や、曜日、四季の名前、挨拶の言葉の構成(例えばおはようは「よい」と「朝」、こんにちはは「よい」と「昼」。しかもフランス語の「よい」は「ボン」、イタリア語の「よい」は「ブオン」で、音の感じも似ててビックリ!「ブオン」は、その後に続く言葉によって「ブオナ」「ブオニ」「ブオネ」って感じで変化するけど、フランス語も後に続く言葉によって「ボン」が「ボンニ」とかに変わるらしい)。

 それに、フランス語にもイタリア語にも、ドイツ語にあるような、冠詞や定冠詞つける時に「これどっちやねん」ととっても悩む「中性名詞」がない。

「名詞は男性と女性だけで間に合ってるよ!!

中性なんていらねえ」
という、

思い切りのよさが感じられて好感が持てる!
 
 そういえば、昼間一人でいる時に本屋を見つけたので、そこで今後の為にと思ってスペイン語の単語集を少し見てみたけど、数詞や曜日なんて、ほとんどイタリア語?って感じだった。イタリアみたいに時間をかけてスペインを旅してる間に、スペイン語も話せるようになったりして~!!うわあどうしよう。私もKみたくトリリンガルになっちゃうかも。。。身近にKみたいな英語もフランス語ももちろん日本語もペラペラの人がいてくれると、「私にもできるかも~!!」って身の程知らずにも思っちゃうね。張り切ってスペイン語の辞書でも買おうかな~。


  ↑    
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 ちょっと気分が滅入ってきたので、ルーブル美術館のお隣にあるテュルリー公園に移動。
20060408181344.jpg


 お天気がよくって観光日和なので、空いてるベンチをやっと探して座っていたら、隣のベンチに座っていたイタリア人らしき家族連れが聞こえよがしに「あの中国人女がジャマでパリの写真が中国の写真みたい!せっかくパリに来たのに!!どけよ中国人女!」って憎々しげに言ってるのが耳に入った。

 悪口とか罵倒の言葉って、言葉が通じなくても意外と「あっ今悪口言われた」って分かるけど、さすがにイタリア語だと完璧に分かるなあ。パリに来てから、何回か写真撮るのにジャマ!って言われてる気が。

 久々に「チネーゼ!(中国人の女)!」って言われた気がする。「中国人の女じゃなくて日本人の女じゃボケ」って言い返してもよかったけど、今はそういう気分じゃないなあ。こんなバカ家族の為にまたしてもベンチ探しの旅に出るのも面倒なんで、思いっきり無視してやった。ツーーーーーン。私って意地悪。

 あまりにもお天気がよくて暑くなってきたので、「チョコレートはガマンするけど、アイスクリームならいいか!

どうせ溶けるし

と自分勝手な解釈をして、アイスクリームを買い食いしながら一旦お宿に戻った。シングルコーンで250円・・・チェコのアイスクリームの3~4倍の値段だ。。。まあたしかに値段分はおいしかったけど。とっても濃厚で(ああまた太る・・・)

 なんて反省している間にK到着。セーヌ川を渡り、またしてもルーブル美術館を通り越して、レアール地区、大阪で言えば船場(大阪以外の方、分かりにくくてすみません)あたりの、オシャレなセレクトショップがたくさんあってちょっと「素人お断り」的な雰囲気の界隈を練り歩く。

 カフェもたくさんあって、日本料理店もちらほら。そうか、こういうお店で働いたら食べるに困れへんからいいなあ、なんてKと喋りながら、これまた小じゃれた生活雑貨がてんこ盛りのお店に入って、布製のビニールタンスにひとめぼれしてしまった。周りがビニールなのに、小物を分けるための引き出しは紙でできてて、色は周りのビニールがブルー、中の引き出しはピンク、グリーン、ベージュの3色。かっ、可愛すぎる!!

 買って日本に送ろうかとまで思ったけど、高さが2,5mくらい、幅も2mくらいある。奥行きも1.5m・・・ウォークインクローゼット並みの収納力はいいけれど、私の部屋には入らない・・・今回は泣く泣く諦めるけど、私が将来豪邸に住むことになったら、きっと買い付けに戻って来るからね。それまで売れずに待っててね、ビニールタンス。


  ↑   
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
   
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 翌日。
 今日も夕方からKが相手してくれることになった。今日は夕方お宿までお迎えにきてくれて、その後レアール地区を案内してくれるらしい。ほんと友達ってありがたいわ~。

 今日は美術館巡りをするつもりで早起きしたけど、宿の人が言うには、壁がステンドグラスでできているサントシャペル教会って教会が近くにあるらしいので行ってみる事にした。

 教会内の見学路は1階と2階に別れてて、1階でぼけっとステンドグラス見上げてたら遠足っぽい子供たちに「写真撮るからどいて!(多分)」みたいな事を口々に言われた。
 おいおい私も一応観光客だぞ。入場料やら交通費やら、パリにお金も落としてるんだし(微々たるものだが・・・)中国人不法就労者を見るみたいな目で見ないでよねっ。とちょっとムッとしながら2階に移動してみると、わ~1階と全然違う!!ほんとに壁一面がステンドグラス~!!キレイだけどこの教会の耐久性はいかがなものなのだろう・・・。

 続いて昨日足早に通り過ぎたコンシェルジュリと、これまたステンドグラスが美しい礼拝堂、「パリの宝石」ことサント・シャペルを見学。この二館の共通入場券も、もちろん驚くほどのお高さ。いいもん、何かするたびに物価高に引きつるのも、あと2・3日だもん。。。

 コンシェルジュリが美男王によって建てられたことは昨日も書いたけど、ここはフランス革命後、悲劇の王妃

マリー・アントワネットベルばらよ永遠なれ!)

をはじめ何千人もの人たちが収容された監獄だったらしく。

 展示されてる「ギロチンにかけられた人の名簿」で、マリー・アントワネットと、錠前作りが趣味のいい人だったルイ十六世の名前が隣同士に書かれているのを見て、最後まで2人は夫婦として扱われたんだなあ。フェルゼン気の毒・・・などとしばしベルばらの世界に浸っていた。

 アントワネットが収容されていた時に、ここで実際に使用していた水差しやクロスも展示されていた。フランス革命以前、一晩で何千ルーブルも賭博でスったり、ベルサイユ宮殿の中に自分と子供たちとお気に入りのとりまきだけが自由に入れるプチトリアノン宮を造ってみたり。

 革命後も(「今日食べるパンもない!」と訴えるパリ市民の話を聞いて、「パンが食べられないならケーキを食べればいいのに」とのたまったとか)贅の極みを味わったアントワネットが最後に使った家具は、この質素な水差しとクロス・・・それに、監獄の個室に入れられたアントワネットと、四六時中彼女を見張っている革命軍の兵士を隔てていた、たった一枚のついたてだったそう。。。祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり。。。


  ↑    
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 Kは、ステンドグラスのお師匠の松田先生のお手伝いとして、日本企業のパリ駐在員の奥様方(お金持ってて時間がある人たちだから『皆様で集まってステンドグラス教室でも開催しませんこと?おほほほほ』的な優雅なカルチャースクールが時々開かれるらしい。羨ましいけどダンナの地位とか役職とかの関係でオツキアイとかめんどくさそー)と交流というか接触があるらしい。

 そこでよさげな男子でも紹介してもらえばいいのに~!!うまいこといったらダンナにくっついていろんな国に住めるやん!生活費の心配なしで!!とかなりプッシュしてみたけど、独身でよさげな男子なんて皆目いないらしい。

役所広司に似た人が一人いるらしいけど、

それも人から人への噂らしく。なんだ残念・・・(いい人が余ってたら、パリ滞在を延期して一口乗っからせてもらおうと思ってたのに~)

 昨日届いたイタリア人のフランコの写真見せたら、Kにうっわ~ほんまにガイジンって感じの外人やなあ!!と感心された。

 フランコは普通(?)に金髪碧眼で、肌が浅黒くて黒髪(イメージ軽くウェーブかかってる)に黒い瞳のTHEラテン民族じゃないので、私には見分けがつかないけど、何年も何年もフランス人の男子を見慣れたKにはイタリア人はフランス人と違って「ガイジンっぽい」と映るらしい。私もあと何年かヨーロッパで審美眼を養えば、「彼はフランス人、彼はイギリス人、彼はスロバキア人ね」なんて瞬時に判断できるようになるかしら・・・(いや、スロバキア人なら今でも判断できるかも。。。)

 ついでにKはパスポートの写真と今の私を見比べて、

「えーーーー全く別人やなあ!!!」

と素直な感想を聞かせてくれた。ええええ、たしかにベルギーでもホンダさんがパスポートの写真を見た後、私にしみじみ「旅に出てから太ったんだねえ・・・」って言ってたけれど。でもやっぱり友達からの率直な意見は少しショック。最近は食費もかなり抑え気味で、お菓子もガマンしてたのに~・・・。中欧で安さにまけてハムだのチーズだの脂肪分たっぷり摂ってたのが今頃になって現れたみたい。。。もうよほどのお祝い事がない限り、チョコレートなんて食べるもんか!


  ↑    長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 マルモッタン美術館で幸せな気分になったあとは、またしてもメトロと徒歩を駆使し、次の目的地、スペインへの国際列車が発着する(らしい)オステルリッツ駅に行き、「バルセロナかマドリッド行きの電車の発車時刻と移動にかかる時間と料金教えて」と窓口で聞いてみた。

 結果。マドリッドまでのチケットなんて高くて買えやしない!!!ということが判明。なのでとりあえずバスセロナに入ってから、物価の低いスペインでバスとか電車を使って、賢くかつお安く移動することにした。私にはスペインの歩き方という、強い味方もいるし!(時々めっちゃウソ書いてるけど)

 しかし。パリからバルセロナへの直通電車はないらしく、途中のVilla St.Giovanniって駅で(多分)乗り換えが必要らしいけど、その時の乗り換え時間が20分しかないらしい。。。

 だっ、大丈夫かなあ?最近ラクチンに国境越えしてばっかだから、急に

「理由は分からないけどこの電車降りてあのバスに乗れ~!!」

ってことになっても、この鈍ったカラダでタヌ夫さんを運びながらダッシュなんてできるのかしら。ちょっと心配・・・。

 その後16:00に(今日は遅刻せず)Kと待ち合わせ。
いそいそとソルボンヌ大学
univ1.jpg

の学食に行ってみると・・・閉まってる・・・ショック。。。

「春休みやからかなあ?」
「よう分からんけどそうなんかなあ?ごめんな~張り切って『学食連れて行くわ!』とか言うてたのに」
「そんなん全然いいで~」
と、

Kと一緒だとここはパリじゃなく大阪?と思うくらい普通に大阪弁で話せるのでとっても気が楽。のびのび。

 「ビックリするぐらい狭くて螺旋階段ぐるぐる登らなあかんけど、それでもよかったら私の『閉じ込められたお姫様風の部屋』見てみる?」と聞くと、Kも自分で下宿する時の参考にしたいってことなので、(今Kはパリ郊外の松田先生のアトリエ在住だが、近いうちにパリ移住を考えているらしい)昨日に引き続きパニーニと、いちぢくをモデルにした(素材は小麦粉と思われる。形はいちぢく、味は・・・焼いてないパン??)を買い込み、私のお宿に案内した。飲み物はまたしても水道水ってことで。なんでもお高いパリですもの、節約節約!


  ↑    
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
   
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 モネって・・・やっぱりいい!!白というかピンクというか、たくさんの絵の具を重ねているのに全くクドくも重くもならない、ほんとにほのぼの~って感じの色使い。「テュルリー宮」って絵の前では、思わず深呼吸したくらい、絵に柔らかな空気感が溢れてた。
 軽い感じタッチで色を重ねられる水彩画ならともかく、油絵の具でこんなタッチの絵が描けるなんて・・・人間って、というか絵画ってスゴイなあ。。。
 こういう、見てるだけでなんだか気持ちがふわ~んとしてきて幸せになれるような絵が身近にあれば、日本の荒んだ子供や病んだ大人たちも、もうちょっと心安らかになれるんじゃないだろうか。。。画集もいっぱい立ち見(お高くって買えない)して、その中でも連作の

「ルーアン大聖堂」

がとってもよかった。太陽の動きによって、一つの建物が同じ構図でもこんな風に違って見えるのか!とうなってしまったくらい。
mrouan1s.jpg

mrouan2s.jpg

mrouan3s.jpg

イケてない画像が恨めしい・・・。

 その他に気に入ったのはターナーの絵。
実は私は「ターナー」と聞くと、印象派の画家よりもハリウッド女優のキャスリン・ターナーよりも夏目漱石の「坊つちやん」に出てくる、お調子者の野だいこの「ターナーですかいやなるほどターナーですね」って台詞思い出してしまう。なので今までターナーの絵自体興味画なくって、「野だいこが引き合いに出すくらいの画家だし、きっと下司い作風に違いない」と根拠のない先入感を持っていた。

 が!ターナーの絵もいいじゃないですか!霧に霞む太陽の絵なんて、ほんとにしっとりした感じで素晴らしかった。ターナー見直したよ。知識だけじゃダメ、百聞は一見に如かずってことですね。



  ↑    現在一人旅ランキング3位!
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 ということで、またしてもATMでお小遣いを引き出して、街歩き再開。

 セーヌ川に浮かぶシテ島(島って感じ全然しないけど)にあるノートルダム寺院はものすっごい人だかりだけど、負けじと入ってみる。
 卒業旅行以来のノートルダム寺院は、前回見学した時の記憶そのままに、ステンドグラスが素晴らしく・・・ステンドグラスを眺めていたら、あっという間に気持ちは22歳の頃に引き戻された。あの頃はこんなふわついたオトナになるなんて想像もしてなかったのに、何が私を変えたんだろう。。。人生なんて分からないものね~、ほんとに。。。

 ステンドグラスを見ると、どうしてもチェコのミクラーシュ教会を思い出してしまう。窓から差し込む光はここの何倍もキレイだったなあ・・・と思いながら、コンシェルジュリ(フィリップ美男王って人が建てたらしい。

美男王・・・一度お会いしたかった!)、

 最高裁判所、サントシャペル等の素晴らしい建築物を横目で見ながら、ポンヌフ
20060408181301.jpg


まで歩き、「ここが!『ポンヌフの恋人』ジュリエット・ビノシュがホームレスを演じた橋!!」(実際はここでロケしてなかったらしいけど・・・)と痛く感動し、橋を行ったり来たり。

 橋の真ん中あたりからセーヌ川を見下ろしたり、橋を渡る人たちを眺めたり、ウットリしながらポンヌフを堪能した後、卒業旅行で見学した凱旋門やエッフェル塔、ルーブル美術館には目もくれず(だって1回見たし・・・)、メトロに乗って今日のお目当てのマルモッタン美術館へ。
alp01.jpg

↑内部はこんな感じ。

 パリの中心地からは少し離れてるけど、鬱蒼としたブーローニュの森
を背に、モネやルノアールをはじめ印象派の絵画がたくさんあるというマルモッタン美術館目指して歩いていると、目には森の緑がとっても心地いい。葉っぱがやさしい黄緑色の木が多くて、春が来たよ~って感じ。
 残念ながらこの美術館ではカルト・ミュゼ(これを買っておけば、一定の日数の間、加盟美術館を見学し放題という、芸術の都パリにふさわしく、観光客のお財布にもとってもやさしいチケット)が使えないので、いつものように「た、高い・・・」と思いながら入場料を払い、さあ印象派たちの絵画を鑑賞するぞ~!


  ↑    現在一人旅ランキング3位!
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。