気ままに暮らす旅好き・離島好き・変身写真好きなはてるまの身辺雑記です。
プロフィール

はてるま

Author:はてるま
*読者の皆様へ*

ようこそお越しくださいました^^

*改めましてプロフィール*
変身写真がとってもよく似合うこんな私が
自分の好きな本や好きな場所や好きな食べ物などなど
少しずつ紹介していければいいな・・・

ちなみにプロフの写真はベトナムで撮ってきました。
海外放浪経験の思い出などなど、マイペースで更新していきますのでよろしくう~
   


人気blogランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログへ

*ブログの画像・文章につきまして*
著作権は放棄しておりません。
転用される際はブログ管理人まで
ご一報頂きますよう、お願い致します。

格安航空券ならコチラ!
個人旅行のホテル探しはコチラ
アクセスカウンター

アフィリエイトするなら。
カテゴリー
現在の訪問者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
あし@ 

ファイブブログランキング
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログランキング参加中です。
海外旅行のお土産選びに。
ブログのタグ
その他オススメサイト。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブログジャンキー。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 翌日。
 チェックアウト後、母親に「Kんとこに荷物送っといてくれてありがとー」とお礼だけ言おうと思って電話したら・・・グダニスクでスラれたVカードとAカード、スラれた直後に使用されてしまってて、カード会社から請求がきてるらしい。。。まずは大慌てで7万円分使用されてたVカードの海外緊急サポートデスクに連絡。

 さすが世界のVカードだけに(チェコでかなりヒステリックにVカードの緊急発行デスクに怒りちらした事は既に忘れているゲンキンな私)

「日本におられるご家族の方が旅行中のお嬢様に代わって『保証人』という形をとって頂ければ、盗難届けの当日中の使用ですので7万円は盗難保険で処理しますので、請求いたしません」

と明瞭な返答。

「お嬢様」だと。うひひ。

と喜ぶ間もなくほっとひと息つき、3万円分使用されたAカードにも同じように電話してみた。

 カードをスラれたと連絡した時には「帰国後、Aカードを再発行する場合にのみ必要」だったはずの、現地の警察署発行の盗難証明書について、

「盗まれたカードが不正使用された場合、

盗難保険でカバーするには

絶対に必要な書類なんです!!

ポーランドでカードをすられた時に、

ちゃんと盗難証明書を

発行してもらってましたか?!」


と半ば怒られ口調の係員に気分を害したので

「カードすられた時に御社に電話したら『カードの再発行の場合にのみ必要』って言われたんで現地の警察に発行してもらった盗難証明書なら持ってますけどっ。不正使用された場合に必要になるって伺ってなかったからそんなに重要な盗難証明書を1枚しか発行して貰わなかったんで、今持ってるのは盗難保険に使って帰国後そちらのカードは再発行しないことにしますっ!

とエラそうに言い返してしまった。

 受話器置いてから反省したんやけど、私ってほんとに人間が練れてないんだなあ。どうしてちょっとしたことでこんなに腹が立つのかしら・・・。

腹を立ててみたり反省してみたりしながら、今回はブリュッセル11:40発の電車に乗って、Kのいるパリに向かうのだ~!
 Kと会うの何年ぶりだろう?Kがどんなパリジェンヌになってるか、楽しみ~!!さようなら、御大とチョコレートとワッフルの国ベルギー・・・。


  ↑    現在一人旅ランキング3位!
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
↑ランキング上昇中です。    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

  翌日。
 約束してた訳じゃないけど、今日も朝ゴハンの時にホンダさんと食堂で会ったので、今日も2人で行動することにした。昨日会った日本人の女の人に勧められたブルージュに行ってみる。遠出のデートだ遠出のデートだ。

 駅に行って切符買うときに駅員さんに教えてもらったお得なシステム。なんとWeekend ticket、更に往復で2人分まとめて支払うと、運賃は通常の40%offの料金になった!!貧乏な私たちは

「これ平日だったら行けなかったよね~!!」

と大喜びしながら、9:48発のIC(インターシティ。電車の名称)で約1時間。10:52にブルージュに着いた。駅前には木がたくさん植えられてて、のどかな観光地って感じ。うわ~ブリュッセルより断然雰囲気いいですね!!来てみてよかった~!!とこれまた2人で大ハシャギ。

 建物も重厚感がなくて可愛らしい絵本の挿絵みたいで、歩いてるだけで楽しい。広場にあるのは、すごく高いベルフォート(鐘楼)の塔20060408181225.jpg


その塔の中の、366段の螺旋階段
20060408181206.jpg

を登って、塔の上からブルージュの町を見下ろしてみた。
20060330175458.jpg

 建物の屋根の色が、チェコのチェスキー・クルムロフで見たような赤っぽいレンガ色で統一されてる感じで見ていて飽きない。町外れに風車が2つも見えたので、あとであのあたりまで行ってみましょう!と更に2人のテンションは上がる一方。。。

 塔の螺旋階段を登る途中に、12:00に巨大なオルゴールが鳴ると聞いていたので、ついでにオルゴールが動く所も見物した。オルゴールが動いたのに、音が聞けなかったのはなぜだろう・・・??

 日曜日だからか、通りではのみの市風のお店もあり、「愛の湖(名前はロマンティックだが実際は細長い普通の池・・・)公園」はのんびり散歩できるし、かわいい子ガモがよちよち歩いてるし、ヨーロッパの池や川や湖ではおなじみになった白鳥もたくさんいた。

 観光地らしく、いかにも観光客が乗りたくなるような2頭だての馬車も何台も走ってて、乗ってる人も御者さんもみんな楽しそうにニコニコしてる。なんとなく馬車を追いかけるようにしてブルグ広場に戻ってくると、ちょうどボウガン大会みたいなのが開催されていて、中世の騎士風のコスチュームを着た男の人たちが、的に向かってプシュプシュとさかんに矢を射ていた。こういうイベント見ると、春の行楽シーズン到来!って感じでなんだか嬉しくなってくるなあ。冬は冬の風情があっていいと思うけど、やっぱり春っていいなあ。

 ホンダさんも私もウキウキしてしまい、

「貧乏だからガマンしよう」と約束していたのに

ブルージュでチョコレートを買ってしまい、帰りの電車でおいしく食べた。昨日のチョコレートもおいしかったけど、ブルージュのチョコレートはなんともいえない口どけで、もう最高においしかった!!

 ブリュッセルに戻り、使い方がよく分からない公衆電話で四苦八苦しながらパリにいるKに電話し、明日パリで会えるかどうか確認。
「日本からはてるま宛の小包届いてるで」とKに言われて大喜び。やっとCバンクのキャッシュカードと再会できる・・・これで食費を削るような暮らしから足が洗える~!!明日夕方にKと待ち合わせをすることにした。ホンダさんにも最後のお別れを言いにいくと、「チェコで知り合った人に持ってきた本プレゼントしちゃったんで、日本の活字を読めなくなっちゃってちょっと弱ってるんです」と昨日私が言ったのを覚えててくれたみたいで、

「これ、もう何度も読んだから

もしよかったら持って行って」
と、

村上春樹ねじまき鳥クロニクルをプレゼントしてくれた。
ありがとうホンダさん。。。
「上中下ってあるうちの下巻だけど、上中読んでなくても内容は大体分かるから!!」という、あなたの言葉を信じています。。。


  ↑    現在一人旅ランキング3位!
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
↑ランキング上昇中です。    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 翌日。
 
 またまた雨。朝ゴハンの時に食堂でホンダさんと会ったので、今日は2人でブリュッセル市街をぶらついた。こじんまりとまとまった街らしく、聖ミッシェル大聖堂(入り口に赤ちゃん抱いたいかにも『私スリますよ』的なジプシーがいて、ホンダさんのリュックのファスナーが一瞬のスキに開けられた!すごいテクニック。大聖堂の中では聖歌隊が賛美歌の練習とかしてて崇高な雰囲気だったのに。。。扉一枚隔てて、善と悪との共存って感じ)、グラン・プラス、王宮(この前にある公園、緑が濃くてすごくいい雰囲気)、小便小僧(あまりの小ささにビックリ。高さ30cmくらいしかない)
20060330175435.jpg

小便小娘(小娘は小便はしていなかったけど)、ブリュッセルを一望できる丘(名前忘れた)と一通り見物しても、まだ半日しかたってない。。。

 街を歩いてたら、ゴディバもノイハウスも結構ホイホイお店があるのと、そこらへんからワッフルのいい香りがしてくるのが「ベルギーに来たなあ・・・」って感じ。聖ミッシェル大聖堂で出会った日本人の女の人が、「ブルージュ良かったですよ!」と力説したので、明日はブルージュ行く気になってきた。

 どうもブリュッセルって、(昔好きだったアクション系のマンガ、黒田かすみの『VICE』で『御大』が住んでたから、そのイメージがあるせいかもしれないけど)影の権力者っぽい人が表舞台から引っ込んで、本国と離れたところで別邸を建てて住んでる街、って感じ。

 同じような観光地でも、アムステルダムが「ウチは観光地よ!!建物も可愛くしてるしどこに行くのも便利にできてるの!お願いみんな来て来て来て~!!」って観光客に可愛くコビてるとしたら、ブリュッセルって

「来たけりゃ勝手に来なさいよ。

でも観光客の面倒みるのはゴメンだからね。」


みたいな、突き放された感があるなあ。街の人が不親切とか、観光案内所で英語が通じないとか、そういうイヤな面って全然ないんやけど、なんとなく「中高年の街」って印象。

 ホンダさんと私、貧乏旅行者同士ゆえにお昼ゴハンのお店選ぶのに右往左往して、結局スーパーでパンとサラダとビールとバナナ買って、一人400円くらいの出費。

 きっと物価が高いことでもブリュッセルに突き放された感が強くなったような気がする。特に乳製品!チェコとかスロバキアで安さに惹かれて浴びるように(形容詞としておかしいけどまさに浴びるように)食べてたチーズが、ブリュッセルだとたった1食分で800円くらい!スロバキアだったら10日分くらい買えたんじゃないのお?チーズ食べたかったな~・・・。

 ホンダさんは甘いものが好きじゃないそうなので、お昼ゴハン後は各自で別行動。チョコレート屋さんを何店か見てみて、当時「日本では売ってない」とお店の人が強烈にプッシュしてきたgaller(ガレー)のチョコレートをほんの少しだけ買ったけど、
おいしかった~!!!
やっぱり本場のチョコレート、最高っす!!



  ↑    現在一人旅ランキング2位!
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
↑ランキング上昇中です。    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

 翌日。
 9:00アムステルダム発のユーロライン(長距離バス)に乗るため、ホテルを8:30にチェックアウトするので、早起きして豪勢な朝食をお腹いっぱい食べた。こんな立派な朝ゴハン、次はいつ食べられるんだろう、と思うと少し悲しかった。。。

 今回は電車じゃなくてバスで国境越え。イタリアからハンガリーに移動した時のVOLANBUSみたいな得体の知れないややボロ目の恐ろしげなバスじゃなく、これぞユーロライン!!っていう立派なバスが山盛り集まっているバスターミナルに驚いた。うーむ、ますます豊かな方のヨーロッパって感じ・・・

 昼間の移動だし、確実にブリュッセル行きのバスに乗れたので(しかもバスもめちゃキレイ)何の不安もない。快適~!!
 隣に座った中国人の男の子にえらいなつかれて、運転手さんが大きい声で次の停留所を教えてくれるたびに「ここどこ?」「ここどこ?」(英語)って聞かれたので、お母さんみたいに「アントワープ」「ブリュッセル」と教えてあげた。

 ブリュッセル北駅の観光案内所で宿探ししようと思ったら、アムス同様そこそこお値段の張るホテル(1泊1万円くらい)しか紹介してくれない。アムスで宿代結構使ったから、ベルギーでは引き締めたいのよね、と思ったので、久しぶりに自分のアシでお宿探しに出たものの、上品な国は(決してポーランドやスロバキアが下品と言いたいわけではない)軒並みホテル代がお高いようで・・・。
 安い!と思ったら

「出稼ぎ長期不法滞在者御用達」

っぽかったりして、なんだか不穏な雰囲気。
 結局観光案内所でお守りがわりにもらっきていた住所を頼りに、ユースホステルに行ってみた。ユースホステルだとどこもかしこも英語だから気疲れしてイヤなんだけど。。。

 でも建物入り口は、ユースホステルらしからぬ小ギレイな建物。受付の男の子もこれまたロン毛の似合うさわやかくんだったので、

「もう英語漬けでもいい!!

絶対ここに泊まりたい!!」


と思ってしまった。人は見た目が9割・・・。

 最後の1ベッドだったらしいけど、予定通り3泊予約できた。幸先いいなあ、ベルギー。そういえばバスの運転手さん、北駅の観光案内所、ユースホステルの受付、どこでも普通に英語が通じてる。観光客に優しい国だなあベルギー。。。

 16:00までチェックインできないので、おいしいワッフル屋さんを受付の男の子に聞いて、ブリュッセルの街を散歩した。
20060330175446.jpg


 重厚な雰囲気の建物に石畳。。。
20060408181149.jpg

 道行く人たちの話す声が、フランス語っぽいのも旅情を感じるなあ・・・母音が聞き取りやすいイタリア語から、全く何も聞き取れなかった中欧を過ぎて、摩擦音が耳に新しいフランス語圏へやってきたんだなあ。。。

 チェックイン後、部屋を見たら明らかに6ベッドの広さに8ベッドがぎゅうぎゅう詰めになっていた。なんて狭苦しい。やっぱ私ユースは性に合わないのだなあ。1階にあるフリースペースでくつろごう、と思って降りて行ったら、日本人男性が。
 ホンダさんて方で、半年の予定でトルコ~ギリシャ~イタリア~ドイツ~オランダ~ベルギーと移動してきたらしい。トルコで2週間くらい、6人で1軒のおうちをシェアして住んでたんやって。いいなあハウスシェア。憧れるわ~。



  ↑    現在一人旅ランキング 3位!
   長文にお付き合い頂いてありがとうございます!

ブログランキング
↑ランキング上昇中です。    
人気blogランキングへ
  ↑こちらもクリックしていただければとっても励みになります。
   よろしくお願いしまあす。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。